Topics

コラム新着ニュース

私たちターニングポイントについて

2020年08月11日

私たちターニングポイントについて、少々長いですがちょっとだけ分かって頂きたいと思います。

私たちがどんな存在なのかを記したいと思います。



もともと、大手と言われる留学エージェントで留学カウンセラーとして、支店長として勤務していた経験を元に、留学をサポートする会社を立ち上げました。元いた会社に訪れる方々というのは、言わば「普通に留学をしたい人」がやってきます。

時に、不登校で悩んでいるお子さまと保護者さまでお越しになったり、障がいを抱えている方がお越しになることもありました。

不登校であることや、障がいを抱えている、その事に触れずにカウンセリングは進んでいくケースが多々ありました。
それは、不登校であることや、障がいがあることで、なんらかのサービスを今までに断られたことがあった経験が、そうさせていた(伝えずに)のかも知れません。

出発後に、現地でトラブルが生じ、そこで初めてそのお子さまの状況を知ることことになり、トラブルの解決にとても長い時間がかかったというケースがありました。以後、不登校や障がいを抱えている方の留学をお受けできなくなったのです。

しかし「本当はそういった方々にこそ、安心で安全な留学をして頂くことこそが必要なのではないか」と思うに至りました。
なので、「不登校の方のための」「障がいを抱えている方のための」留学サポートをするために、私たちは立ち上がったのです。

今の私たちのところにご相談に来られる方は、その事実を隠したりはしません。

「〇〇年生の時から不登校で…」

この言いづらい一言が、お会いした最初の一言から始まることで、受け入れる側(私たちターニングポイント)と留学したいお子さまと保護者さまの間に、絶対的な安心感や信頼感を感じて頂いております。ここは安全地帯であることのお約束ができるのです。

留学は、留学に挑戦する人が全てです。
その人に挑戦する意欲があるかどうかです。
そしてそれを応援するご家族の存在が必要です。

それを醸成するのは、私たちターニングポイントです。
留学に秘められている可能性
日本と海外での教育の違い
日本と海外での生活スタイルの違い

良いことも難しいこともお伝えします。

「留学に行く前に日本の学校に通えていない」という問題もあります。
そこは、私たちの国内サポート(後述します)で補っていきます。

日本の学校が合わないからといって、世界中の学校が合わないわけではありません。学校は日本の学校だけではありません。
この日本の学校に合わせる、なんとか戻って欲しいという保護者さまのお気持ちも痛いほど分かりますが、学校に合わせるのではなく、合う学校に行けばいいと思っています。

みんなと同じ教育を受け、みんなと同じ点数を取らなければいけない教育。
好きなことや、得意なことをさらに伸ばす教育。

皆さんはどちらを選ぶでしょうか?
ちょっと前まではこの「選ぶ」ことすら出来ない(知らない)でいたのです。
前者は日本の伝統的な教育です。
後者は海外の一般的な教育です。

その海外の教育に触れることが珍しくなくなった今だからこそ、
貴重な10代を閉じ込めておくのではなく、個性を大切にする社会に放し大空高く飛び立って欲しいと、心の底から思っております。

生活リズムが崩れがちな不登校のお子さまに、出発前の「国内サポート」で生活習慣の改善をゆっくり慌てずに進めて参ります。

✓個別カリキュラム作成 
● お子さま毎に違う性格や取組み姿勢を鑑み、出発までのロードマップを作成します。お子さま一人ひとり理解度もスピードも違います。違っていていいんです。その特性や気質を理解して、そのお子さまにあったカリキュラムを作成して参ります。

✓定期的なカウンセリング(面談、電話、スカイプなど)
● 個別カリキュラムに基づき、留学へのモチベーションを維持しながら、不安要素を確認し合い、安心して留学への準備を進めて参ります。毎週決まった曜日に決まった時間にカウンセリングを行います。ここは時間をかけてお子さまのことを知るところから始めて参ります。留学のことに限らず、今興味を持っていること、何をしている時が一番楽しいか、不安に思っていることなど、または、留学先のこと、その国の歴史、その国の特長や日本と大きく違う点などを、時間をかけてたくさん話して参ります。その中で、「この日この時間、待っている人がいる存在」に気付いてもらいながら、会話の大切さや、会話をする事の難しさや楽しさを感じられるような「時間」としていきます。

✓マンツーマン英会話レッスン(10回)
 ● 自分の都合の良い時間に予約を入れ、1対1英会話のレッスンが受けられます。出発前に、少しでも英語に触れ「学校の初日」「ホームステイに到着した時」にどのように挨拶すればいいのかなど、ネイティブの先生から教わることも出来ます。先生方は、英語に不慣れなこともよく知っています。緊張するかもしれませんが、ゆっくりと自分のペースで英語に触れていきましょう。

✓国内ホームステイ体験
 ● 出発前のオリエンテーション
 ● 実際に他人の家庭に宿泊するときのその家庭のルールを知る
 ● 私たちスタッフとの距離を縮める
   (一緒に食事を作り、留学経験の話を聞き、困ったときに誰に相談するべきかなどを知る)

この時間はとっても貴重で重要だと思っています。先にご紹介しました「定期的なカウンセリング」では聞き出せなかったこと、長い時間をかけて向き合うことで、この体験はこれから留学する上で気をつけてサポートを要するもの、大切にしなければならないものなどが分かります。

✓毎日の生活報告(生活改善)
 ● 毎日の起床時間やその日の活動内容を報告してもらい、出発までの間で生活リズムを整えて参ります。「留学すれば朝起きられるようになる」わけではありません。朝起きることの理由をしっかりと伝えながらも、ゆっくりと出発まで時間をかけて向き合って参ります。

✓日本出発時は成田/羽田空港でチェックインサポート
 ● ターニングポイントのスタッフが、空港でお待ちしております。預け荷物・手荷物内の確認、これからチェックインを行ってから、現地空港に到着し滞在先までに到着するまでの大まかなスケジュールの確認など、緊張で体が強張っている多くの子どもたちに、リラックスすることや、今までやってきた準備があるから安心して良いことなどを伝え、保護者さまと一緒にお見送りをいたします。

✓帰国報告会
 ● 「留学して帰国したらおしまい」のような打ち上げ花火のような留学ではなく、帰ってきてからその留学はどうだったかを振り返ることがとっても大切だと思っております。出来るだけ、自分の言葉でこの留学を振り返って欲しいと思っております。その言葉を、慌てずに待ちます。焦らなくていい、待ちます。温かい気持ちで、やりきったことを全力で褒めたたえます。


などなど一部ですがご紹介しました。海外サポートは、次の機会に!


国内サポートを実施すると「人が変わったみたい」なんてお話も聞きますが、もともと持っていた本来の”チカラ”が発揮され「自信」が付いたのだと思います。

私たちのロゴには、「~未来への懸け橋~」と書かれています。
これはそのままずばりです。そんな存在になりたいと思っております。

また、「挑戦から変化、そして自信へ」というキャッチコピーもあります。

これは、

知らなかった世界に飛び出して、
様々なものを見てそして感じた今、なにを思うでしょうか?

思うことは人それぞれ。正解も不正解もありません。

ただ一つ言えることは、
挑戦」したという事実があるということです。
そして、この経験を活かし自分の「変化」に気づき、
挑戦したという事実を胸に「自信」を持ち続けましょう。


生きる力、生き抜く力を育む留学としても、
これからも誠意をもってご紹介して参ります。


まだまだお伝えたいことはたくさんありますが、ぜひお会いした時に続きをお話させてください!
最後までお読み頂きましてありがとうございました!

私たちのホームページにもどうぞお越しください!

Youtubeチャンネルもあります。こちらでも、実際に留学したお子さまのことを振り返ったり、今までいろいろな質問をお受けしたことの回答であったり、先ほどご紹介した「国内サポート」や「海外サポート」のことなど、様々な内容を動画という形で残してありますので、お時間のあるときに、観て頂けたらと思います。↓をクリックしてください。



~未来への懸け橋~
留学をサポートするターニングポイント/Turning Point Inc.
挑戦から変化、そして自信へ

誰にでも同じだけチャンスがある社会を、「留学」を通して実現したい

留学のご相談は↓

資料のご請求は↓

☎ 0120-888-293(月曜-土曜 11時~19時 日祝休み)

 

 


0120888293

お申し込みメールフォーム

株式会社ターニングポイント

Copyright ©株式会社ターニングポイント All Rights Reserved.