Topics

コラム新着ニュース

レジリエンスを育てる

2020年07月12日

変化する環境に合わせるのは、大人も子どもも同じで、とても疲れるものと思います。

やる気が出なかったり、体が重かったり疲れていたとしても当たり前のことです。

ストレスの中で健康を保っていくために、思い通りに行かなかったり、心が折れることがあったりしても、気持ちを立て直していけるといいかと思います。

この気持ちを立て直す力回復力のことをレジリエンスといいます。

 

 (写真:メダカと四つ葉のクローバー)

 

 

レジリエンスをはたらかせるために

 

つながりを大事に

家族とお話したり、お友だちと連絡をとる。心配なことは、ご家族や信頼のおける人に話してみましょう。ターニングポイントのカウンセラーに話してみるのもいいですね。

 

規則正しい生活を

毎日同じ時間に起きましょう。太陽に当たることで、体内リズムと気持ちを整えることができます。食事も3食きちんと摂るといいですね。

 

リラックスできることから

「リラックス呼吸法」というのがあります。鼻から3秒息を吸って、一旦息を止めます。5秒かけて口からゆっくりと吐きます。散歩や適度の運動もできるといいですね。

今の時期のように、自分の努力だけでは解決できない問題や困難がある場合は、だれでも心が折れることはあります。へこんだり、心が折れたりしても気持ちを立て直すことがとても大切です。レジリエンスとは、「立ち直るチカラ、精神的な回復力、弾力、しなやかさ」といったことを表す言葉です。思い通りにいかなくても現実に向き合い、再度チャレンジしようとする心のありようを表します。

子どもたちが「自分の出来ることや成長を実感し、困難があることを理解して、健全な自己を形成できる」ために、周りにいるご家族や、私たちターニングポイントができることの一つに、「認めそしてほめる」があると思っています。

 

私たちターニングポイントは

そのお子さまの変化成長を認めそしてほめます。実際に挑戦していることやできたことをほめます。

すると、本人は

自分ができることを具体的に理解します。実感のある自信が持てるようになります。

そして

できないことも見えてきます。自分にはできない、難しいと認めても自分の価値はなんら変わらないと思うようになります。

次には

自己理解が深まり、安定してきます。再挑戦することもできるようになります。

 

お子さま本人が、変化や成長を実感できることこそがとっても大事なのです。変化や実感のできる工夫、そしてそれを寄り添いながら見つめ応援する第3者が必要だと思います。

 

 留学をサポートするターニングポイント 

 

留学のご相談は:

 

0120-888-293(月曜-土曜 11時-19時)

info@tp-ryugaku.com

 挑戦から変化、そして自信へ 

 

資料のご請求は:

 

株式会社ターニングポイント

Copyright ©株式会社ターニングポイント All Rights Reserved.